· 

春の訪れ

2月に入り、少しずつお花屋さんでは鮮やかなお花が並び始めてきましたね。
可愛いミモザを発見して購入したのですが、やはりおうちにお花があると華やぎます。


春になるとわたしはルンルンになるのですが(笑)(((o(*゚▽゚*)o)))
春の陽気で不安定になりやすい方も多くいらっしゃいます。
暖かくなったり、寒くなったり気温の変化も激しいので自律神経も季節の変わり目は乱れやすいのです。


そこでオススメしたい精油の一つが《マンダリン》です。
ミカン科の精油。
柑橘系の中では珍しく、光毒性もないため日中のトリートメントでも使いやすいです。

個人的に柑橘系は様々ありますが季節性をイメージしていくと・・・
オレンジは甘さが強めで温かさを感じるので冬。
レモンはサッパリした突き抜ける香りで、初夏。
グレープフルーツはスッキリ感のある香りで夏。
ネロリはこっくりとした上質で深い香りが秋。


と、個人的に柑橘系でも色々と季節性を感じるのですが、
マンダリンはなんだか懐かしいような香り(私は昔かいだ匂い玉を思い出します)がします。
柑橘系は比較的香りも日常的に嗅ぐ機会も多いので、抵抗なく受け入れやすい精油です。


新しい季節の訪れに身体や心がついていけない時も優しく包み込むような香りと、
ストレスを感じやすい胃腸系にも効果的で(便秘、食欲不振、消化不良、拒食症、過食症など)、
腎臓や肝臓も強化してくれるので、お祝い事や飲み会で神経も身体も疲れた時にも良さそうです。


また、インナーチャイルド(自分の中に存在する子ども的な心情)や、過去のトラウマも解放していくような愛を感じさせてくれる精油です。


花粉症対策や風邪予防ともリンクさせて、マンダリンとラヴィンサラやローレル、ティートゥリーとも組み合わせてバスソルトとして私は使っていますが、とても良い香りでうっとりです。
また、季節の変わり目の不眠の時にはカモマイルローマンとマンダリンのブレンドのバスソルトにした日には、私はコロッとすぐ眠くなってしまいましたf^_^;)
誘眠作用もあるので、眠れない日にも使えます。


ストレスケアに精油はとても効果的なので、また4月、5月頃から日常使いに使いやすい精油についての講座も随時初めていく予定です(*^^*)


マンダリンおうちサロンketoruでも使ってますので、是非香りを嗅いでみて下さいね。