· 

アロマセラピストのポルトガル旅行記②

こんにちわ。

おうちサロンketoruの瀧口です。
アロマセラピストのポルトガル旅行記②です。
旅行の内容に今回はちょろっとセラピスト目線でのエピソードも入れていきます^O^

ポルトガル旅行に持っていって役立ったアロマ(精油)

今回の旅行には3本の精油とベースオイルを持っていきました。
マルチに使える
・ラベンダーアングスティフォリア
筋肉疲労のケアに
・マジョラム
風邪や呼吸器系のケアに
・ユーカリラジアタ
の3本と、希釈(薄めて)使えるようにベースオイルのマカダミアオイル20㎖。
ロングフライトでカラダがバキバキになってしまいました。
そういう時こそ、いつもと同じような生活をすると人って落ち着きます^^
ラッキーな事にバスタブがついたホテルだったので、お湯をためてラベンダーとマジョラムの精油を入れて入りました。
眠る前に、ユーカリラジアタを、ベースのオイルで薄めてデコルテにぬりぬり。
自宅でもよくやるのですが、こうしてぬると呼吸が楽にでき深く良い睡眠に繋がります。
お風呂と心地よい香りに癒されかなりカラダが回復しました^W^
3本とも持って行って本当に良かった~と心から思いました。
余談ですが、初の海外だったので、ホテルの匂いが臭かったら、
アロマの香りにしちゃおう☆と思っていましたが、どのホテルも臭くなかったです(笑)

ポルトガル旅行中食べた果物・野菜

健康的に旅行をするのに大切な栄養ですが、
ポルトガルは野菜や果物が凄く安いので、(しかも美味しい!!)
朝食はどこのホテルも美味しいフルーツ食べ放題^ ^
日本だったら、高級ホテル並みな贅沢さです。

ポルトガルでガイドさん付きリムジンタクシー?!

この日は、唯一?の超rich day。
人生最初で最後のお姫様体験(@o@)!!
リムジンの車で観光ガイドさんが一緒です。
ガイドしてくれたのは、Mr,アンドレ。
ポルトガル出身で、お父さんが一度日本に来た事があるそうで、
80sの音楽が好きなnice guyです。
車中はアンドレセレクトの音楽を流してもらい、みんなでノリノリ。
今回の旅行でガイドして下さったのが、彼で本当にluckyだったねと何度も旦那さんと話すほど、素敵な人でした。
(写真はアンドレと私・題名は忍者(笑))

ポルトガル・海の景色が綺麗な街【ナザレ】

アンドレのナビで、
リスボン→ナザレ→オビドス→ロカ岬→シントラ(ペナ宮殿)→シントラ宮殿ホテルとまわりました。
とにかく絶景のオンパレード。
海がピッカピカ。
ナザレは、と独特な文化が残る、絶壁から綺麗な海沿いの街を見渡せる街。
サーフィンで有名?っぽいようで、謎のサーフィンキャラクターがいました。
こういう変なのと、ついつい写真をとりたくなってしまいます。。。(他の観光の人はあまり写真をとってなかったです(笑))
また行った日は、マラソン大会をしていたり、サイクリングしている人も多く、アクティブなスポーツが盛んな街に見えました(夏はリゾート地らしいです)

ポルトガル・可愛い街並みはまさにフォトジェニックな街【オビドス】

この旅でかなり楽しみにしていたオビドスは、小さい街で800人くらいしか住んでない街ですが、街並みがディズニーランドのような可愛い街。チョコレートの器にお酒を入れて飲むのがこの街の文化。
チョコレートのお祭りもやっている街だそう。
植物たちがカラフルで建物も可愛いので、女性が好きそうな街です。
実際、かつて女王がやってきて、この街をとても気に入ったとか、、。そして、王様がこの街を女王にプレゼントというエピソードも。
この街欲しい!

ポルトガル・ユーラシア大陸最西端の大航海したくなる海【ロカ岬】

ロカ岬は、ユーラシア大陸最西端。
大西洋が見渡せます。
強風で滞在時間わずか10分くらいでしたが、大きな海は太平洋とも全然違い、パワフルでした。
言葉にしずらいのですが、大地のパワー、エネルギッシュさを感じます。
何度も色んな国の観光客の方の写真を撮ったり、
逆に撮ってもらったり、
ちょっとしたコミュニケーションをとれました。
が、ナビしてくれたアンドレの色んな説明は、英語が聞き取れないものもあり、
もっと理解出来ればと悔しさを感じる事も。
ただ、車の中でみんなでQueenの曲を一緒に歌った瞬間は物凄い一体感。
音楽は国境を越える、、、!