· 

アロマセラピストのポルトガル旅行記③

引き続きお送りするポルトガル旅行記。

前回からの続き↓

シントラの街へ。
シントラにある、レガイラ宮殿というお城は、ポルトガルへ行く!という決め手の一つとなったところです。
レガイラ宮殿の前に、
ペナ宮殿という、カラフルで、豪華絢爛な宮殿へ行きました。

ポルトガル・ペナ宮殿

ここは、イスラムとキリストの時代が混在していた時代に建て直されたりしているので、西洋と東洋がMIXされたようなお城です。
また、世界各国から贈呈されたであろう宝の数々があります。
そこには、日本や中国などアジアのものも。
大航海時代は世界を席巻していたのがわかるようなお城です。

ちょうどペナ宮殿の時に日が沈む時間で、光が城の中にも差し込み幻想的でした。

葉っぱの屋根が可愛くてついつい写真を撮りたくなります。

お城の周りは緑が沢山あり空気も良いです。

豪華絢爛なお城の中とのギャップが凄い!

私は葉っぱの屋根の方が落ち着くタイプ(庶民感(笑))

ポルトガル・シントラの昔お城だったホテル

昔はお城だったという人生初!の五つ星のホテルへ。
気分はルンルン!
だと思っていたのですが、、、
お姫様気分を味わうべく、ワクワクしていたのですが、
なんとここにきて時差ボケや慣れない食事でダウン、、、。
この旅行で楽しみにしていたディナーをほぼ残す事に(>人<;)
味噌汁が飲みたい。。。
あっさりしたご飯食べたい。。。
お米がいい。。。
日本食が恋しいモードになりました(TOT)
このお肉は今まで食べたことがないお肉でした(なんのお肉かは謎のまま)
でも、ホテルの満足度はピカイチ☆
スタッフの皆様ジェントルメンな方ばかりで、イケメンのモーツアルトさんとも写真を撮りました(^.^)ふふふ。
このホテルはさすが五つ星☆☆☆☆☆
サービスが凄かったです。
ホスピタリティ勉強になりました。
ここのホテルでは、
アメニティーやバスローブはポルトガルの会社のものだったり、
ポルトガルを感じられる粋なホテルでした。
ちなみにバスローブは、標準日本人だとブカブカなサイズ。
ビッグバスローブでした。
次回シントラのレガイラ宮殿に続きます!