· 

アロマセラピストのポルトガル旅行記⑤

年をまたいでしまいましたが、今回のブログでポルトガル旅行記終わりです。

ポルトガル旅行記最後はポルト。

今回はポルトガルで買ったアロマ(精油)についても触れます。

 

さて、ポルトとは、ポルトガルの由来にもなった、街の景観が世界遺産の場所です。

日本でいうところの京都のような場所かと思われます。

ポルトガルのポルト

ポルトといったら赤い屋根とドロウ川の景色が世界遺産で、

有名なCMでも使われている、とても絵になる場所です。

ジブリ好きとしては、

魔女の宅急便のキキが海の見える街を見つけた時のようなテンションになります。

夜もライトアップされて、ドロウ川に架かる橋も素敵です。

橋の上も歩けるので、とても気持ちの良い場所です。

また、ワインが有名な場所なので、美味しいワインやサングリアが味わえます。

ワイン素人でも感じる、ブドウのフレッシュさ、

美味しさで飲みすぎてちょっとふらふら。

ポルトは、ハリーポッターの作者の方が住んでいたそうで、

作品とも関係のあるという【世界一美しい本屋さん】へ。

本屋とは思えないほどの凝った建物で、美術館のようです。

ここで、アロマの本があるか探しましたが、見つからず、、、。

ヨガやハーブなどの本はありました。

 

 

本を読んでる風ですが、全て英語やポルトガル語でわかりません。。。(笑)

入場料がかかる本屋さんですが、

本の種類も豊富で、パッケージも可愛くてオシャレなものばかりなので、ポルトガルに行った際には超オススメの本屋さんです。

ポルトガルのアロマ(精油)

今回のポルトガル旅行のミッションの一つに、

せっかくヨーロッパに行くなら、アロマ情報を集めたい。

そう思って、薬局でアロマは売っているか調査してみました。

 

今回旅した、リスボン、シントラ、ポルトで合わせて6件の薬局を尋ねましたが、

6件中3件アロマの取り扱いしてました。

3件ともプラナロムの精油のみの取り扱いでした。

日本でも買えるしなぁ~と思い聞くだけきいてプラナロムの精油は買わず、、。

そして、ポルトではスペイン系の大きなデパートがホテルの近くにあったので行ってみると、

大きなbioコーナーがあり、

そこで、日本では見たことがない精油を発見。

売っていたのは、ティーツリー、ラベンダー、クラリセージ、ローズマリー、リラックスブレンド。

値段は日本円にして1300円くらいなので少し安かったです。

エコサートマークがあったので大丈夫かなと思い、

私は他社の香りと比較しやすいラベンダーをゲットしました。

帰国してから、中の説明書など読みましたが、やはり日本では取り扱いしてないブランドのようです。

香りもとても良い精油でした。

 

ポルトガルでアロマトリートメント

せっかく行ったならアロマトリートメント受けたいなぁと思っていたのですが、

日本でインターネットで探してみると、高級ホテルについているスパの情報のみ。

スペインでは日本人で開業している方を発見しました。

 

シントラで泊まった五つ星ホテルにはスパがついてましたが、、、

10万くらいするので(高いっ!)、受けませんでした。。。

また、高級地帯のシントラの街を散策して探しましたが、見つかりませんでした。

ポルトガル語や英語がもって話せれば見つけられたかもしれません。。

今度行くときにはもっと話せるようにしてから行きたいと心底思いました。

都心でも、ポルトガルはお店自体が少なかったです。

日本はアロマトリートメントが受けられる場所が沢山あるなぁと改めて感じました。

さて、長きにわたって勝手にレポートしましたが、これにてポルトガル旅行記終わります。

 

凄く可愛くてちょっと不思議で、歴史があって派手すぎないポルトガルはめちゃくちゃ楽しい国でした。

また行きたい!と思える国なので、行こうと思ってる方超オススメです。