· 

私の星の使い方④~暗黒期に希望の光?~

幼少期~高校時代【私の星の使い方①】

不毛の10代後半~20台前半【私の星の使い方②】

就職イコール暗黒時代【私の星の使い方③】

ブログをお読み下さりありがとうございます。

前回は暗黒期マックスの就職してすぐの頃のお話まででした。

自分で書きながら、ずいぶん酷い大人にこっぴどくやられたなぁという感じですが、このあたりも私の生まれ持っての星にでています(笑)

社会はキビシイ!!!

やりたい事ってなんだろう・・・

働くってキビシイ。

社会ってキビシイ。

そう思うと、ただ自分が甘えているだけなのでは・・・

でも辛いし苦しいなぁ。

という気持ちがずっと駆け巡っていました。

そんな暗闇の中で

『本当に自分がやりたいことってなんだろう?』というココロの声が少しずつ大きくなり、職場以外の世界について考えはじめました。

ハワイのマッサージ?

そんな時に、仲良しのお友達が『マッサージの学校にいこうと思うんだよね』と言っていました。

そのお友達と私は好きなものが一緒でとても価値観の合う子でした。

そこから、

『マッサージかぁ・・・子供の時によく親の背中とか足に乗っかってやったことあるけれど、結構好きだったような・・・』

そんなことを思うようになりました。

お友達が行こうとしている学校を調べてみると、大手リラクゼーションのハワイ式のマッサージでした。

日々疲れ果てていた私は単純に、

『ハワイ!!なんか良さげ!!』

と直感的に自分もコレをしたいと思い、すぐに辞める方向で動くことにしました。

お友達も一緒のスクールに行くことを楽しみにしてくてれて、暗かった道が少しだけ明るくなってきました。

いつもなら、友達が行くから行くという選択はあまりしません。

でも、この時のことはとても覚えていて、

そのお友達とは根本的な感性が本当に似ていたので、この時そのお友達が私にマッサージの学校に行くと言わなかったら、全然違う人生になっていました。

つづく!私の星の使い方⑤~転職に向けて動き出す~