· 

私の星の使い方⑤~転職に向けて動き出す~

幼少期~高校時代【私の星の使い方①】

不毛の10代後半~20台前半【私の星の使い方②】

就職イコール暗黒時代【私の星の使い方③】

暗黒期から希望の光【私の星の使い方④】

ブログをお読み下さりありがとうございます。

前回は暗黒期から一筋の希望の光が!!というところまでのお話でした。

ちなみにこれから転職をするわけですが、

転職=天職なんてまったく思ってませんでした。

これから転職しても安定的な道はなく、色んなことがおきます(笑)

 

親や社会への義務感

お友達が教えてくれたハワイ式のマッサージをやろうと決めた私ですが、

この時、どう親や社会と折り合いをつけたかに触れたいと思います。

実際、転職を考えているけれど、親が・・・といわれるお客様が多いので、私の場合はという話なので参考になるかはわかりませんが・・・。

転職の前の自分の気持ちの固め方

まずは自分の心持ち!

今まで自分で自分の人生を決めてきたはずですが、その感覚がなかったので、

今回はなぜか覚悟して自分で選んだものを先を考えすぎずにやってみよう!と、腹をくくりました。

1年間正社員で学校にいかせてもらった福祉の世界で働いたけれど、

親や周りの人の期待にはちょっとはそったから、後は自由に生きよう!そう思いました。

 多分一番大事なのは覚悟。

知らない世界はいつも怖い。

でも、嫌な世界にずっといる自分を想像する方がもっと怖い。

自分を好きでいたいという気持ちが行動に移させてくれました。

転職と親

次に両親。

私が一度決めたらやる!

頑固なやつだ。

 

と、いうのを知ってくれているので、多分『反対しても自分がしたいようにするんだろうなぁと』思ったと思います。

両親は反対するようなことを言ったのかもしれませんが、

実は今全く覚えていません(笑)!!!

親からしたら思い通りにならない子供代表です。

昔から、自分の思うようにしたい気持ちが強く、親には『この子は親が言ったところで聞かない』と諦めてもらうように仕向けてきました(笑)

ちなみにお母さん、お父さん、弟の4人家族ですが、基本的に結構仲良いと思います。

親子というより、その当時では珍しく?!友達のような感じで親子関係を築いてきています。

なので、転職における親のしがらみ?は少ない方だと思います。

今更ながらに感謝です。

 

子供といえども一人の人間。

同じ人間はいない。

ちゃんと自分の考えていることをストレートにまずは両親にぶつけてみるという時間が大事なのかと思います。

親の前でいい子でいるよりも、

幸せに生きて親に恩返しする方が親にとっても子供にとっても双方にとって良いんじゃないかと私は思います。

この時、家族に関することで不思議な出来事がおきました。

 

次回につづく!!私の星の使い方⑥~不思議な体験と心の傷~