· 

私の星の使い方~太陽と月~

太陽星座

こんにちわ。

まだ物語は続くのですが、今日は太陽と月のお話をかいていきます☆

よく、【星占い】と言われるものは、【太陽】の星座でみます。

太陽の星座とは・・・生まれた時にどの位置に【太陽】があったかということです。

私ですと、4月5日なので牡羊座になります。

お誕生日が星座と星座の境目の方は、ちゃんとその年のどちらの太陽の時に生まれたかチャックした方が確実に把握できますよ。

この太陽は【人生の目的、生命力】などを表します。

実際に太陽は私たちを照らしてくれているので、とても大事な天体であるのは間違いありません。

私でいうと牡羊座なので、【チャレンジすること、人がしてないようなことを切り開いていく】などがキーワードになります。

でも、星占いをみて『私の本質とは違う・・・』と感じている方も多いと思います。

太陽は天体の一つにしかすぎません。

星で人を見るときの1つです。全てを太陽では語れないのです。

だって、

1人の人間の中には、仕事の自分、家族の自分、恋愛の自分、友達との自分・・・いろんな自分がいますよね。

月星座

最近流行っているので、知っている方もいるかもしれませんが、

太陽のように生まれた時の月の位置で自分の【月星座】がわかります。

月星座が表すものは【感情、情緒、変化、母親】になります。

私は月星座が牡牛座なので【五感を満たすこと、ゆったり味わうこと、保守的な環境で育った、現実的で物欲がある】などがキーワードになります。

普段の日常生活では、【月星座】の方がクローズアップされている人も多いかもしれません。

 

なので、まずは【月星座】が何なのかがわかると太陽星座と掛け合わせていくと、一気に奥行き出てきます。

太陽星座×月星座~牡羊座×牡牛座の私の場合~

 

例えば、

私自身、極端に違う自分を2つ持っていると思ってました。

1つは、ワワワっと勢いよく行動し、自立心・競争心が強い自分。

もう1つは、ふわっとまったり穏やかに動きたい自分。

両極端な自分のモードに家族や周りの人は振り回されたでしょう(笑)

私自身が両方の自分がいると何となく認識していました。

星でみてみます。

私は『太陽 牡羊座×月星座 牡牛座』になるのですが、

まさに上記の2つが混合した組み合わせです。

さあ行くぞ!!と旗揚げしてグングン進む牡羊座(後ろ振り返らず)。

それもいいけど、まずは美味しいご飯を食べて、今日はどんな服を着て過ごそうかな、今日はいくらあると足りるかな?と、マイペースに五感を味わう牡牛座(ペースを乱されたくない)。

両方の性質が違えば違うほど、極端な自分をコントロールするのが難しいと感じている人も多いんじゃないかと思います。

私は【月星座】を知った時に『ホッと』しました。

贅沢は罪と思われがちですが、12星座のうち1、2位を争うくらい贅沢が好きな星座が牡牛座なのです。

悪化すると散財となりますが、

よく使えば、日常生活を華やかに彩ることができます。

昔から、絵をかくのも、洋服も、良いにおいがするもの、

あとマニアック?かもしれませんが、昔からオシャレな袋とか好きです(スーパーの袋がダサくていやだと小学生の頃から思っていました。)

全ては日常生活の五感を満たすものばかり!!

スポーティーで潔い行動力の自分×生活の彩りにココロを満たしマイペースに行きたい自分

がすごーく大きなカテゴリーでみたらまさに自分だ!!と思えました。

自分の星を知ることは、自分の中のいろんな部分を肯定していく事だと私は思います。

自分の嫌いなところ、好きなところ、苦手なところ、闇なところ、人からみられるところ・・・

そういった全てを総括したうえで、

じゃあ自分の生き方どうしていこう。が考えられたら◎。

占いというとネガティブなイメージや、依存してしまう人もいますが、ここではその人の人生がその人らしく進めるサポーターの一環として、星と香りを使っていきたいと思います。

9月23日に【自分を知る星と香りの物語~太陽・月・金星~】

星と香りのグループワークショップ行います。

自分を知る1歩に☆