· 

妊活と職場の関係

こんにちわ。

おうちサロンketoruの瀧口です。

とても嬉しい事がありました
おうちサロンketoruを初めてすぐに来てくれて、通ってくれていたお友達が妊娠したとの事で、
安定期に入って報告してくれました。
色んな話をきかせてもらって、
苦しい思いも
悲しい思いも
色々思い出しながら、不思議な軌跡を二人で話しました。
私としてはずっと、
何かお役に立てたらいいな、、、
そう思っていたので、本当に嬉しかったです。

職場での妊活への理解

お友達は職場の方の理解がありました。
理解があったというより、理解してもらえるように色んな働きかけをしていました。
不妊治療に入る前に職場の上司の方に話したそうです。
お友達は普段から職場の方と円滑なコミュニケーションをとっていたのと、
認めてもらえるようにバリバリ仕事をした事が繋がって、
妊活で早く上がる時も、
妊娠してつわりが辛くて遅く出勤の時も、
イヤな顔をする人はいなく、
みんなに応援して貰える環境をしっかりと自分で作ってました。
これって、
なかなかできることじゃないと思います。
職場、病院、
パートナー、家族、
周りの人との繋がりをしっかりと気付いていくことが妊活にとっても、
大切なのだとお友達をみて学ばせてもらいました
そして、
その中でアロマセラピストとしてできることを私はしていきたいと強く思いました
『聖美ちゃんには早く伝えたかったの!』
そう、嬉しそうに報告してくれた彼女がいたから、
私ももっと女性にお役に立ちたいと思ったんです。
妊活中の女性のお役にたちたいというキッカケはまさに彼女との出会いがあったからです。
おうちサロンketoruも
女性のカラダやココロの揺れに寄り添えるようなサロンにしていきたいと思ったのも、
彼女の私に心から信頼を寄せて話してくれたことからはじまりました。
そして、その想いが活動となって、

 

産婦人科内での統合医療ルームとしてのアロマトリートメントに繋がっていきました。
たまプラーザにある産婦人科さくらさんでの統合医療ルームのアロマトリートメントは、
四月の下旬スタートになりそうです(^^)
女性の幸せは、逆に辛さは人それぞれ。
お一人お一人に寄り添えるように準備中です
沢山のプロフェッショナルな方たちと協力しながら、
女性の幸せに寄り添う活動をしていきます。