ピルを飲んだり、婦人科に通っていた時のお話

こんにちわ。

おうちサロンketoruの瀧口です。
台風直撃大丈夫でしたでしょうか??
風が今回はかなり強かったですよね。
台風って9月のイメージがあったので10月の後半にもまだくるんだなぁと知りました。
さて、今日はピルを飲んでいた時、婦人科に通っていた時の話をしていきます(^.^)
サロンで女性のカラダを専門にしていくのに、いくつか分岐点があったのですが、
自分の体験談が結構関係しています。
何事も体験しないとわからないものですね(*´Д`*)

生理不順と生理痛が当たり前だった頃

私は生理がきてから生理不順&強い生理痛に悩まされてきました。
悩まされていたというよりは、
この痛みや生理不順は生まれ持っての体質で、治らないものだと思っていたので、
辛かったけれど、悩む事すら出来ていませんでした。
生理痛が辛い時はまさに写真のような姿勢で何時間も過ごしてました。

低用量ピルの存在を知る

最初は確か市の検診で子宮頸がんの検査に行った時。
生理不順の話をしたら低用量ピルを勧められました。
『低用量ピルって。。。なに?』
全くわからず。
先生の説明で生理不順を整えるのに良いですよとの事で、
言われるがまま始めました。
避妊用に使われているという予備知識も全くなかったので、比較的フラットに取り入れられたかと思います。(この当時はまだガラケーでインターネットで情報を集めたりしてない時期でした。)

低用量ピルを飲んでいた頃

低用量ピルを飲む時に気になるのが副作用。
私の場合は出ませんでした。
低用量ピルの種類は、主にマーベロン28を飲んでました。
たまにピルを辞めてみるのですが、
そうするとまた生理不順に(ToT)
これは私の体質でもう一生のお付き合いなのではと感じ、不安になったこともありました。
数ヶ月に一度の婦人科にいって、たまに血液検査をし(ピルは血液を固めてしまう作用がある為、血栓ができないように検査が必要です)、
結構通うの大変でした。
お金もかかります。
ピルは病院によっても値段が違いました。
一か月3000円~4000円に+診察代や検査代がかかります。
ピルを飲み始めてから、
生理は周期的なサイクルになり、生理の痛みも以前よりは減った事で、快適に暮らせるようになりました。

社会人になり激務の頃、長期間の不正出血が・・・

そんな中、
社会人になり忙しくて病院に行ってない時期に、
不正出血が3ヶ月で続けて(早く病院に行けばいいのに、、、)
さすがにヤバイ!これは病気かもしれない!と思い、また病院にお世話になる事に。
ここでお世話になった病院は今まで行った中でもかなーり微妙な婦人科で、、。
血液検査の結果とかもほぼ伝えられなかったので、すぐに違う婦人科を探しました。
なので、婦人科も色んなところに行き、病院によって対応全然違うなぁと感じていました。

違う病院に行き、

子宮頸がんや血液検査もしてもらって、異常がなく一安心しました。

結果的にこの不正出血は、ストレスからきたものでした。

ストレスからホルモンバランスが乱れて不正出血として出たようでした。

この頃は、まだホルモンバランスの大切さが全くわかってなかったので、不正出血も軽く考えていました。


免疫力がみるみる落ちていった

夜勤のある仕事だった為、働いて2年を過ぎる頃にはなんとなく、
カラダがおかしくなってきている感覚がありました。
病気ではないけれどだるさが抜けなかったりしました。
そして、夜勤のあるサロンを退職後、
不規則な生活からか次々と病気になりました。
・風疹になり、三週間自宅療養。顔面や関節が腫れ上がる。
・お腹にが真っ赤な湿疹ができ、かゆみと痛み。
・風邪をひき、治ってはまた引くの繰り返し。
免疫力低下の怖さを知りました(ToT)

子宮頸がん検査でひっかかる

その後入籍をし引っ越した時に、
ピルを処方して貰うために行った婦人科で、子宮頸がん検診に引っかかり、
何度か検査。
そして、ガン一歩手前と診断されました。
ギャグでなく、まさしく
ガーーーンという気持ち。
ガンは遠いものだと思っていたら、すぐ近くなのだと感じて、とっても怖くなりました:(;゙゚'ω゚'):
そんな時に旦那さんはとても冷静に、
カラダを大切にする生活習慣にしよう!と一緒に考えてくれました。

旦那さんに諭され、生活習慣を見直すことに

旦那さんに諭され、
嫌いな野菜をどうやったら食べられるか考えたり、
ロングスリーパーなので睡眠時間を確保。
仕事はし過ぎない。ゆるっと生活できるくらいに働く。
適度な運動に週一のヨガ。多摩川沿いでやったヨガはかなり最高でした。
そんな生活を送っていたら徐々に変化が出てきました。
・以前よりイライラしなくなり、少し気持ち穏やかになった
・風邪を引かなくなった
・生理不順が徐々に改善
・生理痛も鎮痛剤を飲まなくても大丈夫に
・寝つきが良くなった
そこから1.2年でピルを飲まなくても、生理がくるようになりました(ToT)
たまに遅れたり、生理痛も少しありますが、
鎮痛作用のある精油を使ったり、
よく寝たり、
ストレス発散したりして、
以前では考えられないくらい暮らしやすくなりました♪( ´θ`)ノ

かかりつけの婦人科のある安心感

生理痛も生理不順もなく、過ごせるなんて10年前からしたら信じられない生活です。
今は、行きつけのとても素敵な女医さんのいる婦人科に検診など、何かあればそこへ通い、
治療とケアが上手くバランスがとれるようになりました。
生活習慣を見直す事の大切さ。
そもそも、
自分の身体を自分自身しか大切にできないと身をもって知りました。
かかりつけの病院がある事も精神的にとても安心です。
色んな経験から、
辛いカラダやメンタルのアップダウンなど、
女性に出やすい症状にどうしたら寄り添えるのか、
少しでも快適な生活を送れるのかを考えてきました。

 

まだまだ私も自分のカラダやココロを大切にできない事もあって、反省する日もありますが、
決まったところでメンテナンスをする事は、
自分のカラダやココロの状態を自分自身が感じたり、
セラピストからのちょっとした助言で気づく事があります。
後回しにしがちな自分のカラダとココロ。
アロマトリートメントは贅沢品と位置付けられる事も多いですが、
病気の前のちょっとした色んなカラダの不調のサインをキャッチするのに、
役立てて貰えたらと思ってます^ ^